HTBasic TOP アイネット株式会社(i2net) HOME
製品概要 新着情報 サポート情報 製品カタログ ダウンロード HTB関連製品    Tip   Y2Kについて
| HTBasic 基本製品 | HTBasic GPIBバンドル製品 パッケージとシリアル番号(インストールキー) |

 公式アナウンスメント

TransEra社のHTBasicのテストの結果、
2000年問題に対応していることを確認しました。


  1. HTBasicは、20世紀から21世紀/21世紀から20世紀へと正確に日付データを扱っています。(日付データの計算/比較/順序付けにおいて制限はありません)
  2. 西暦2000年は、閏年です。HTBasicは2000年を閏年として正確に計算します。
  3. HTBasicの製品マニュアルに従って使うとHTBasicは2000年問題に対応しています。
  4. HTBasic関連製品で作成されたデータは各製品間で正しくデータ交換できます。
  5. TransEra社のハードウェア製品(すなわちGPIB/GPIO カード) は,BIOSを持っていません。ハードウェア製品の2000年問題対応は、HTBasicを通してのテストで問題のないことを確認しました。

TransEra ハイテクBasic ( HTBasic ) は,主として計測機器のデータ取得,およびコントロールのために設計されたプログラム言語です。HTBasicでの日付の扱いはBIOSから提供された実際の日付を元に、計算/保存されます。日付は、シーザー歴で扱っています(BC4713年スタートの秒数)。提供されているBIOSが2000年問題対応済みであれば、HTBasic は、世紀が変わることに対し何ら通常とかわりません。 HTBasic のTIMEDATE 機能は,時間/ 日付を自身では持っていません。HTBasic は get/set命令を使ってシステム・コール、OSからのデータを元に、時間/日付を作りますでします。 他のいろいろなプログラム言語と同様に、プログラマーが不正確な日付をプログラムする事を防がないでいるともちろんHTBasicでも同じ問題が出ます。

TransEra社製品の利用状況(構成内容)はお客様によって千差万別であり、他の部品やシステムと組み合わせて使用されているため、TransEra社が全ての設置状況やシステム構成について製品の2000年対応状況を調べることはできません。ご利用のコンピュータシステムおよび製品が支障なく2000年に移行できるかについて、各自でお調べになることをお勧め致します。


記載されている会社名、製品名は各社の登録商標または商標です

【お 問 い 合 わ せ 先】
アイネット株式会社

  TEL:03-5623-2301(代表) FAX:03-5623-2305
   E-mailでのお問い合わせ
_/_/_/ Copyright 1998-2000 I2NET Co., Ltd. AllRights Reserved. _/_/_/