HTBasic TOP アイネット株式会社(i2net) HOME
製品概要 新着情報 サポート情報 製品カタログ ダウンロード HTB関連製品    Tip   Y2Kについて
■ Microsoft®各種 Windows OS 環境にて... ■
        HTBasic 10.0 動作試験

テストを行い、動作確認を行ったCPU
      − Pentium 4/ Pentium M
      − Celeron / Celeron M
      − Core 2 Duo
      − Core i3 / i5/ i7
      − Atom
HTBasic の動作環境
  HTBasicのWindows版である HTBasic for Windows はOADG DOS/V(IBM PC/AT 互換)仕様のパーソナルコンピューター上のWindows OS (x86: 32ビット)の元で動作いたします。 2010.10発売の新バージョン10.0では、Windows XP/VISTA/7での使用が正式サポートされました。 このバージョンからMicrosoft社のサポート終了に伴い、HTBasicもWindows98/98SE/ME/2000でのサポートは終了いたしました。 
  Windows OS (x64: 64ビット)では、32bitモードで基本部分は動作いたします。標準インストール先は、「C:\Program Files(x86)」フォルダーにインストールされます。周辺入出力装置は、Disply、Keyboard(Mouse,Bar-code-Reader等含む)、Prallel、Serial、ines社のGPIB,TAMS社のGPIO等の使用は可能です。 TAMS社のGPIBは現在サポートされていません(2012.09.24)。  アイネット株式会社(i2net Co., Ltd.)では、64ビット版 Windows 7 Professional SP1での確認は継続いたします。

 注) 旧バージョンからのアップグレードに際しましては、旧バージョンでのWindows98/98SE/ME/2000でのご質問にもできるだけ対応させていただきます。

HTBasic for Windows 10.0 を実行した Windows 環境と動作結果    >> More Page (Windows 8 対応)
   HP Elite 8200MT Core i7 3.4GHz
OS Windows
XPsp3
32
Windows Embeded sp2
32
Windows VISTA sp2
build 6002
32
Windows 7 sp1
build 7601
32
Windows 7 sp1
build 7601
64
Windows 7
XP mode sp3
32/64
HTBasic動作(ソフトウェア)
Install OK OK OK OK OK
Editer日本語扱い OK OK OK OK OK
Printer日本語扱い OK OK OK OK OK
日本語漢字LABEL OK OK OK OK OK
HPGL Utility OK OK OK OK NG
HTBasic基本動作(ハードウェア)
Display
ワークウィンドウ
設定
OK OK OK OK OK
Keyboard
入力
OK OK OK OK OK
Win-Print
出力
OK OK OK OK OK
Parallel
ESC-P出力
OK OK OK OK OK
HTBasic動作(付加ハードウェア)
 Serial
ドライバー動作(Serial.dw6) OK OK OK OK ドライバー設定
のみ可
スピードテスト OK OK OK OK NG(動作せず)
入出力<BREAK>信号テスト OK OK OK OK NG(動作せず)
 Agilent IO Lib. 16.1 との連携
16.1 Install OK OK OK OK OK
 ines GPIB-xxx-XL (Agilent IO Lib. 16.1での動作)
ドライバー動作
(gpibni.dw6)
OK OK OK OK
(ines暫定版)
NG(動作せず)
 TAMS GPIB 6x48x (Agilent IO Lib. 16.1での動作)
ドライバー動作NG
(hpibs.dw6)
OK OK OK NG
(TAMS未対応)
NG(動作せず)
 Agilent IO Lib. 16.1 を使用しない場合
 ines GPIB-xxx-XL (Agilent IO Lib. 16.1を使用しない場合)
ドライバー動作(gpibni.dw6) OK OK OK OK
(ines暫定版)
NG(動作せず)
 TAMS GPIB 6x48x (TAMS IO Lib. を使用)
TAMS GPIB Install OK OK OK NG
(TAMS未対応)
NG(動作せず)
ドライバー動作(hpibs.dw6) OK OK OK NG
(TAMS未対応)
NG(動作せず)
 TAMS GPIO 62622 (Agilent IO Lib. 16.1を使用)
16.1 Install OK OK OK OK
(2012.09.24)
NG(動作せず)
ドライバー動作(gpios.dw6) OK OK OK OK
(2012.09.24)
NG(動作せず)
 ines/elan DAQ (DAQixxx/ADxxx)オプションPCMCIAスロットを使用
ines3.11改ドライバー Install OK OK OK NG NG
ドライバー動作(AD in/out DIO) OK OK OK NG NG
  注)Windows XP enbeded は、日本語環境の設定が完全でないと、諸所の表示が正しく現れません。弊社では弊社で販売するLex Computech社の弊社仕様のモデルのみのサポート致しております。
*1:TAMS IO Libraryを使用する場合、Agilent IO Libraryのインストールなしに使用できます。
*2:標準のinesドライバーのインストールのみで、Agilent IO Libraryのインストールなしに使用できます。
 テスト環境で使用したオプションのハードウェア
1. PCI PC-Card Drive (PCMCIAカードの使用を可能にする)
  アイネット株式会社で販売するPC-Card Driveを使用

HP Elite 8200MT 装着例
ELAN-P111
PCI-to-CardBus/PCMCIA/PC-Card Adapter, 1-slot,
ENA Chipset
ELAN-P423
Twin Front Slot Universal PCI to PCMCIA Adapter
−3.5インチベイ用
−カードバス非対応
ブラックベゼル・オプションあり
−2mケーブル・オプションあり
ELAN-P424
Twin External Slot Universal PCI to PCMCIA Adapter
−3.5インチ外付けボックス
−カードバス非対応
ブラックベゼル・オプションあり
−2mケーブル・オプションあり
2. システム組み込み用7ポートUSB 2.0ハブ
  アイネット株式会社の販売する特殊用途向けUSB 2.0ハブ
  ・ 計測機器、医用電子機器などノイズの影響を軽減したい用途に最適
  ・ 開口部がほとんどないステンレス筐体で外来ノイズをシャットアウト、
   内部で発生するノイズ成分を外へ漏らさない
  ・ システム組み込み用として12V電源に対応
   システムの電源から一律に供給を受けられる12V電源
  ・ バスパワーモード、セルフパワーモード両用で外部独立電源も使用できる
  ・ USB接続された機器の脱着および正常動作を確認しやすいランプ表示
   システム作動中に接続機器の安全な脱着を確認できるポート別表示ランプ
  ・ 固定用取り付け金具あり

 

       <拡大>
 

   ねじ止め可能なUSBハブ <拡大>
 各テスト項目の内容
    1. HTBasic 動作 の確認
      HTBasicのインストール先にあるexamplesフォルダー内にあるサンプルプログラムの実行
    2. TAMS 63488等のGPIBインターフェースの動作の確認(SICL)
      テスト機器を接続し、OUTPUT/ENTERテストならびにSQR割り込みの動作確認を行う
    3. INES GPIB-USB-2等のGPIBインターフェースの動作の確認(NI488.2、SICL)
      テスト機器を接続し、OUTPUT/ENTERテストならびにSQR割り込みの動作確認を行う
    4. TAMS 62622 GPIOインターフェースの動作の確認(SICL)
      折り返しプラグを使用し、レジスター操作によるデータの入出力ならびに割り込みによる動作確認を行う
    5. ines/elan DAQiインターフェースの動作の確認(ines3.11改)
      テスト機器を接続し、8チャンネル連続データ取り込みならびに8チャンネルDIO動作確認を行う
      注)使用するドライバーines3.11改は、弊社/ines(独)/Hacker社(独)にて改良を行った有償製品です
    6. Serialインターフェース(On_board)の動作の確認
      @パーソナルコンピューター基板上の標準UARTシリアルポートと別のパーソナルコンピューターのシリアル
      ポートをリバース・ケーブルで接続、弊社HTBasicでのプログラムとWindows標準のTerminal間の出た転送を
      行なう
      A2台のパーソナルコンピューターにそれぞれHTBasicをインストールし、弊社HTBasicでのプログラム間で
      負荷をかけたデータ転送を行なう
    7. Serialインターフェース(外付け)の動作の確認
      USB/CF/PCI等のバス上にSerialインターフェースを付加しテスト、テスト項目は6.に同じ
  

TransEra, HTBasic, TAMS, HP, Agilent, Keysight, NI, ines, Microsoft, Windows等記載されている会社名、製品名は各社の登録商標または商標です

【お 問 い 合 わ せ 先】
アイネット株式会社
  TEL:03-5623-2301(代表) FAX:03-5623-2305
   E-mailでのお問い合わせ
_/_/_/ Copyright 1998-2017 I2NET Co., Ltd. AllRights Reserved. _/_/_/