i2net HOME  

                       
New HTBasic 2021
New HTBasic 10.1
メニュー 
製品のご紹介
最新バージョン(販売中)(2021.10):
HTBasic 2021
      Rel. 1-011<pdf>(2022.05)
前バージョン(販売中)(2018.08):
HTBasic 10.1
      Rel. 10.1.3(2022.02)

旧バージョン(販売終了)
HTBasic 10.0.x
HTBasic 基本製品デモ版
パッケージとシリアル番号

Version 2021紹介
Version 10.1.x紹介
  
HTBasic for Windowsのバージョン番号(pdf)
TransEra社のご紹介(pdf)

     HTBasic Test BenchNew
HTBasicTip

サポート情報
HTBasic ユーザ登録
HTBasic 文献・資料
HTBasic リリースノート
HTBasic 実行時に必要なモジュールの組込み
<BPLUS><I/O ドライバー><DUMP>
GPIB/GPIO/DAQ チュートリアル
HTBasic 対応GPIB製品
HTBasic 対応GPIO製品
対応GPIB/GPIO/DAQハード
TransEra社 FAQ 和訳
製品カタログ
HTBasic for Windows
HTBasic Add-on Library
HTBasic Add-on Utility
その他ソフトウェア
ダウンロード
デモ・バージョン
ソフトウェア・アップデート
デバイス・ドライバ
その他ソフトウェア
HTBasic 関連製品
HTBasic Add-on Library
K-LABEL(プロッター漢字フォント)
MS Office Interface for HTBasic
GRAPH-XT for HTBasic
NI DAQmx for HTBasic
HTBasic Add-on Utility
HPGL UTILITY for HTBasic
EZ-Transfer
GPIB / HPIB Interface
GPIB interface for HTBasic
ines GPIB XL(RoHS対応)
TransEra GPIB (ISA)
TAMS GPIB (サポートのみ)
USBS interface (USB SICL)
TAMS USB Switch
GPIO / HPIO Interface
GPIO interface for HTBasic
TransEra GPIO (EISA)
TAMS GPIO (サポートのみ)
DAQ (Data AcQuisition)
DAQ (Data AcQuisition) for HTBasic
ines/ELAN DAQ
PC DAQ
NI DAQmx for HTBasic
Linux / HP-UX情報
Linux情報(全体)       
TAMS Linux 製品
Y2Kについて

HTBasic (HTBasic for Windows)とは…

TransEra社、Windows 11/10/8.1サポート対応
HTBasic 2021 for Windows (最新アップデート:1-011 2022.05)
HTBasic 10.1.0 for Windows (最終アップデート:10.1.3)

  注)Windows 7sp1/VISTA/XPsp3への対応は、OSのサポート終了に伴い、当該Windows対応の改善は、HTBasic 2021 for Windows / Windows10/11 での対応となります。

 TransEra HTBasic は、Rocky Mountain BASIC(RMB) 言語のためのBASICインタープリタです。RMB は、BASICの使い易さ、 FORTRANの数値計算対応力、およびPascalとCのもつ構造化プログラミング対応を兼ね備えた科学/技術分野で強力な力を発揮する言語です。

 RMB は、 HP9000 のシリーズ200/300科学/技術分野向けのワークステーションのためにヒューレット・パッカード社によって開発されました。HTBasic は、忠実なシンタックスチェック/フルスクリーンエディターおよびインタラクティブな実行とデバッグ環境を持つ、結合化されたRMB プログラム開発環境を提供します。

 RMB言語で開発されたプログラムは、PCにおけるWindows / MS-DOS / LinuxあるいはHP9000 のシリーズ200/300/700の ワークステーションの上で走らせる事が出来ます(古くは、SUN SPARCでのサポートもありました)。 HTBasic がIEEE-488 (HPIB/GPIB) あるいはデータ採取するためのプラグ・インカードと使用されると、PC あるいはワークステーションはパワフルなデータ分析/プレゼンテーション能力をもつフルフューチャの計測・機器コントローラーに変身します。

 HTBasic の変換ユーティリティーは、現在のHP BASICのデータとプログラムのファィルをHPシリーズ200/300ワークステーションと PC / HPシリーズ700のワークステーションとの間での使用できるようにします。一旦変換されると、プログラムはほとんど変更することなく、時間を費やさずまたプログラム書き直しの費用をかけず走らせることが出来ます。

 2003.03、HTBasic 9.1 for Windows のリリースから「HTBasic Workshop」をバンドルし、強化された開発環境と強力な数値計算ライブラリーが標準で使用可能となりました。
 2005.03、HTBasic 9.3 for Windows のリリースから「LABELステートメントを使用して漢字」が扱えるようになりました。 プロッターを使用しなくてもWIN-DUMPルーチンと併せて代替が出来ます。 プロッター継続してご使用になる場合、弊社「漢字ユーティリティ」を継続サポートいたします。
 2006.06、HTBasic 9.4 for Windows のリリースから「USBTMC対応のデバイスをサポートするドライバー」が追加されました。
 2007.06、HTBasic 9.5 for Windows のリリースから「Dual Core並びにHyper threaded CPU PCに公式対応」となりました。
 2010.10、HTBasic 10.0 for Windows のリリースから「Windows 7 / VISTA 32ビット日本語 PCに公式対応」となりました。また、HTBasicPlusは、新たにコードをおこし機能強化を行ないました。
 2015.07、HTBasic 10.0.3 for Windows リリース。HTBasicPlusの強化(日本語・漢字対応)と、Screen Builderが使用可能となりました。

 2018.08、HTBasic 10.1.0 for Windows リリース。Windows10に対応した製品で、Windows10の最新の状態に対応するように改善が継続的に行われます。

 HTBasic 9.5 for Windows フォローオンバージョンは、HTBasic 10.1 for Windows として「Windows 10」「Windows 8.1」対応となりました。ines/TAMS GPIB製品は、Agilent IO Libraryと一緒でなくても、HTBasic10.0以降では使用可能となりました。(注:TAMS製品は2010に販売終了)

 注)HTBasicTipをご参照ください

「HPBASIC/9000からHTBasic for Windowsへのポーティングについて」はここをクリックください。




【注】
HP9000シリーズ700ワークステーション/PC LINUX版の販売はTAMS製品として行っておりましたが、2016.03.31に終了いたしました。

HPBASIC For Red Hat Linux
HPBASIC for HP-UX 11i
HPBASIC/UX for HP-UX 10.20 (S/700)
HPBASIC/UX for HP-UX 9.10 (S/300)
HPBASIC/WS for 200/300 Workstations
HPBASIC for Windows

記載されている会社名、製品名は各社の登録商標または商標です

アイネット株式会社
Copyright© I2NET Co., Ltd. Japan 1997-2020
E-mailでのお問い合わせ
最終更新日